世田谷区砧でパソコン・書道などのおけいこ教室と、公文式学習教室を運営する、ビバパソ君の公私に渡る、パソコンネタはもちろん、仕事、育児に関わる徒然を綴っていきたい。
「ビバ!砧の丘」にお越しの皆様も、是非ご参加ください!!
初体験、人間ドック
26日の昨日、生まれて初めての「人間ドック」に行ってきました。
元々健康を通り越して、頑強と言われた自分は病気とは無縁、数年前に育児と会社勤めの過労からの腎盂炎以外、風邪ひとつひいたことがない。だから、この人間ドックも『保険』みたいなもののつもりでした。

場所は、渋谷区神山町にある「
PL東京健康管理センター
9時からの予約だったので、Lunaにはいつもより30分早く保育園に行ってもらいました。

話が戻りますが、人間ドックを受けるにあたって、事前に準備することがあります。
それは私がもっとも苦手とする「検便」(お食事中の方失礼いたします・・・)
元々便秘症な上に、小心者なのでこういう肝心の時には一向にもよおさない。
で、前日から下剤を服用し、夜中じゅう腹痛と戦っておりました(泣)

その様子を知っている娘は、「ママ、お腹いたの病院行くんだよね」と、いっつもノタノタ準備するのに、敏速に朝の支度を終えて早朝出勤(?)してくれました。

予約時間の15分前に到着。
主人と二人で受付を済ませ、検診用の着衣を身につけ、いざ検診スタ〜ト!!

と、可愛らしいピンクの白衣を着たお嬢さんが話しかけてきました。
「関根様、今日はわたくし〇〇がエスコートさせていただきます(#^.^#)」

なんと、エスコートしてくれるんだぁ〜〜。ホテルみたい、カッコい〜い!!
確かに見回すと、あちらこちらにピンクの白衣を来た、綺麗なお嬢さんが行き来しております。

最初に検尿、続いて血圧・問診・採血・心電図・視力/眼圧と各部屋で検査を受けます。
なんとなく、夫婦一緒に移動できるように誘導してくれてるみたい。
それぞれが、バラバラに各部屋を出たり入ったりするワケですが、自分が出て行くと、どこからかアヤパンちゃん(高島彩さんに似て可愛いのデス)がスーッとやってきて、「奥様、次はこちらです」と・・・・

すごいなぁ〜、どこから出てきても、気付いたら横に居て次のお部屋に誘導してくれる。
かなり混雑したセンター内なのに、すごいなぁ〜〜

そして、いよいよ残るは超音波検査とバリウム、婦人科検診となりました。
例のまっずーいバリウムを飲まされ、動くベッドで向きを変え、回転し、真っ逆さまになり、、、あ〜気持ち悪い・・・

超音波検査、これが寝ちゃったんですよねぇー。ゆっくりとレーザーをあてながら、「お〜きく吸って〜、吐いて〜〜」と言うやさしい声が子守唄にzzzz

婦人科検診、これはマンモグラフィーが辛かった・・・
どちらかと言うと豊乳ではないワタクシ。圧迫版と撮影版の間に挟むモノがほとんど無い、、、技師さんが二人がかりで必死で体勢作りをしてくれました(苦
、マジ汗かいてた)

最後に身体測定して、ようやっと検査終了。
エスコートに慣れてしまってワタクシ、「お着替えしてから3階にお越しください」と言われたコトをすっかり忘れて、そのまま3階に行く階段へ。
「お客様っっ、お着替えしてください!!」とアヤパンちゃんじゃない人に叱れてしまいました・・・

前夜から絶食で、ほとんど飢餓状態だった主人と私、検査結果の面談までの待ち時間に、渋谷タパスタパスで「タパス風スパゲッティ」を大盛りでペロリ。格別に美味かった〜

戻ると、またもやアヤパンちゃんがスーッと現れ、「面談は2時30分ころと申し上げておりましたが、大変申し訳ありません、2時40分ころになります・・・」と。
なんとご丁寧な、、かえって恐縮してしまいますワ。

で、夫婦揃って検査結果を聞きます。
心配していた、肺や肝臓、腎臓には問題なし。この年なので健康優良児ってワケにはいきませんが、とりあえず大きな心配がなくてよかった。
1日中主人と二人連れ立ち、久しぶりに色々とおしゃべりも出来たし(って、どんだけ普段会話ないんだ?!)、夜は「華の舞」で家族3人、健康に乾杯!! 
いやぁ〜、人間ドック、楽しかったな〜〜(^^♪



Posted by : jsviva | 家族・育児 | 11:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
いただき物三昧!!
前にも何度か記事にさせていただいたのですが、このお仕事を始めてからすごくいただき物が多くなりました。こちらが恐縮するほど、色々なものを頂戴しております・・・

冗談で、家計にも大助かり!!と書いたりしていましたが、実はそのお心遣いに心底感謝の気持ちでイッパイです。
「これ先生に持ってってあげよう」と、私がそばに居ない時に思い出してもらえるって、すごく嬉しいことですよね。特に、親と同世代の方から頂くと、子供の気分になってしまいます。

で、今日はそれらを一部ご披露〜〜^^

まずはお野菜!!
お二人の方から、北海道産の取れたてお野菜です。
Mさんからは、前にもアスパラガスを頂いたのですが、マジ旨!!! 歯ごたえや甘みがぜんぜん違うんですヨ。土の香りのじゃがいも、ポテト料理に重宝です〜

Iさんからも、北海道産じゃがいもとたまねぎ。キラキラの玉ねぎも甘そう〜。そして、そのじゃがいもで作ったという「ジャガイモ餅」。これがまた絶品!! 茹でじゃがいも+サラダ油+片栗粉+塩少々で作って(練って)、棒状にしたもの。1cmくらいに切ってフライパンで焼いて食べるんですが、しょうゆバターで食べるとお〜いし〜〜〜い!Lunaも、「モチモチしてておいしい」とグルメコメントしてたっくさん食べてました。

何かと色々と分けてくださるEさんからは、「はねだし焼きのり」。
「はねだし」って言葉も始めて知ったんですが、おすし屋さんが使う美味しい海苔のB級品ということらしいのです。しっかし、全然B級ではない(見かけはまったく問題なし)上に、うっまーーい!! さすがいいものを良くご存知のEさん、ご馳走様でした♪

Iさんからは「お酢」をいただきました。実はこれって2本目。すごく美味しかったので、今度は買いたいのでお店を教えて欲しいと言うと、「お中元よー」ともう1本頂いちゃった・・
調味料としては、酸味に旨みがあり、またそのまま氷水で割って飲める。お酢は健康にもとっても良いので、いいものを紹介していただけました。

昨日いらっしゃった面談のUさん。なんと初日から、「これからお世話になります」とにんじんジュースを持ってらっしゃいました。にんじん嫌いのLunaに早速飲ませよう〜(でもこれからはあまりお気遣いなくです・・・)

最後に今日、Nさんからお誕生日のプレゼントを頂いてしまいました(*^_^*) 家族からも品物ではプレゼントをもらってないのに。。。っていうか、ここ2-3年品物のプレゼントって無いなぁ〜って感じだったので、感謝感激!! それもセンスのいいポーチで、早速リップなどを古汚い(コキタナイ)袋から入れ替えてやろう〜〜

冒頭にも書きましたとおり、お品物も嬉しいんですが、そのお気持ちに心からお礼の気持ちでいっぱいです。皆様、本当にありがとうございました!!!

土の香りいっぱいの北海道産じゃがいも!! コロッケ作りたくなりますネ〜(Mさんから)


こちらも北海道産。左側が「じゃがいも餅」めっちゃ美味い!! (Iさんから)


パリっとしててつややかな海苔、これのどこがB級なの?! おにぎり好きの我が家は重宝してます〜 (Eさんから)


これと醤油で餃子を食べると、すっごく美味しい!! 素でも飲めるってステキですよね。(Iさんから)


にんじん嫌いのLunaにとっても良さそう♪ 最初からスミマセン・・・


写真では判りにくいんですが、生地がレーシーでMade in Japanってことで丁寧に作られています。私の欲しいモノが判ってらっしゃったみたいなプレゼントでした〜(Nさんから)


Posted by : jsviva | 教室 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最近の教室事情
8月から、又何人か新しい方にお越し頂いております。
そこでとっても感じるのは、やはり「人とのご縁」です。

ある方は、杉並に住んでらっしゃったのですが、祖師谷に引っ越してきて、「世田谷のゴミの出し方をもう一度しらべよう」と思って「世田谷便利帳」を開いてみたところ、当教室の宣伝ページをご覧になったとか。

もし杉並から引っ越してこられなかったら、ゴミの出し方を調べなければ、この方とはお会いすることはなかったでしょう。
そう思うと、本当に「ご縁」って大切だなぁと思ってしまいます。

ある方は、お嬢さんが結婚されるので、生い立ちのスライドを作りたいということで、お嬢さんご自身が習いにいらっしゃいました。
素敵なスライドも出来上がり、結婚式も無事終えられました。
その後、結婚式の様子を写真や式場が制作したアルバムで見せていただきました。

その幸せそうな笑顔を見てながら、もしこの方が教室にいらっしゃらなければ、こんなに可愛い花嫁さんに感動することもなかったんだよなー。
そう思うと、再び「ご縁」に感謝する気持ちになりました。

祖師谷商店街からも、2軒のお店の方がいらっしゃっています。
商店街では、お店とお客という関係だけですが、教室にお越しいただくようになり、道端で会ったりすると「こんにちはー、いつもどうも!」と声をかけあうようになりました。

地元で道すがら声をかけあえる、都会ではなかなか考えられないこと。
そう思うと、更に「ご縁」の不思議さを感じます。

前からいらしている方々も、続々と在籍年数1年以上の方が増えてきました。
事情あってお辞めになられた方からも、ご丁寧にお礼のメールをいただきました。

これからも益々、教室にいらしている方々とのご縁を大切にしつつ、新たな出会いに期待して、IT機器を通した「豊かな生き方」のお手伝いをしたいものですね。
Posted by : jsviva | 教室 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
洗濯機修理大プロジェクト
今年の2月に、洗濯機の排水ホースが詰まってしまって、夫婦で大プロジェクトを組んだことがあるのですが(前のプロジェクト記事)、この度もっとすごいプロジェクト活動がありました。

2ヶ月ほど前から、洗濯機でうまく乾燥できなくなりつつありました。
1回だと生乾きなので、2回乾燥をかけたり、しっかりコースにしたり、騙し騙し使っていましたが、いよいよまったく乾燥しなくなったのです。

主人がネットで色々と調べたところ、なんとこの洗濯機、リコールにならないのが不思議なくらいのシロモノらしい。
構造に問題があって、同じような苦しみを持っている人の多いこと、多いこと!!

乾燥フィルターの埃取りはもちろん毎日取り除き、
排水フィルターの髪の毛1本でも掃除したのに〜!
乾燥フィルターの奥から箸でゴミを取り出したのに〜!!

幸い2012年末までの長期無料保証に入っていたので、サービスマンに来てもらって、後ろのヒートポンプを換えてもらうことに決定。
ただ、その前に乾燥フィルターの奥を徹底的に掃除してみよう!
ということで、洗濯機修理大プロジェクトがキックオフしました。

上部カバーを外し、乾燥フィルターを囲んでるステーの後部を外して、いやいや後部じゃなくて前のほうだ、と右往左往しながら、やっとこフィルターにつながる極太ホースをのぞいてみると・・・

すっごいモノが固まりこんでいます!! 手をつっこみ取り出す。
出てくる出てくる〜〜
同じ悩みを持つ人のブログに、「宿便が出たような爽快感」とあったそうだが、まさにその通り。ものすごい量のほこりの塊が出てきました!!!

後部の排気管にも、ものすごい量の埃。いやこれはもう埃の域を越えたモノ、エイリアンです。

それら全てを取り除いて、達成感を胸イッパイにしつつ、こんなメンテしないといけないようなシロモノに憤りがフツフツ・・・・
敢えてメーカー名も機種も書きませんが、よくこんなモノを売り出したものだと、企業自体に大きな不信感を覚えました。

ともあれ、その後試しに大量の洗濯物を、洗濯乾燥コースで回してみましたところ、フンワリした乾燥まで無事終了。

今回のプロジェクトも、グッジョブで幕を閉じたのです。。。。(完)

追記1:
サービスマンは、ヤマダデンキの方が来てくれたのですが、そこまでやってくれたんですかと、何もせずに帰っていったそうです。メーカーのサービスマンだったら、締め上げられていたトコですね(^^♪

追記2:
そうそう、この日は私の誕生日♪ 主人からは、洗濯機修理がプレゼントと言われました・・・

個人宅で、これほど洗濯機を分解するって、、、あまりないですよね。


これって・・・こんなモノが詰まってるんじゃ乾燥もできないわな


後部の排気管も埃(っていうかエイリアン)が詰まりまくり


その中身はこんな感じ。これじゃ乾燥せんだろっっ




Posted by : jsviva | 家族・育児 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キャンプ@千葉・袖ヶ浦 -最終日-
二晩テントで過ごしたのははじめてのこと。
でも結構眠れたなぁ〜、ってか、ワタシとLunaはとってもお寝坊してしまいました。


といっても7時くらいなんだけど、テントの外にスーツ姿が・・・
そうだった、H君パパはここから休日出勤のお仕事に行くんだった。いやいや、ギリギリまでお引止めしてしまってスミマセン!! 行ってらっしゃ~~い!! (1時間1本の単線、動いてますように、合掌)

昨夜、おそらく最後までご機嫌だったMちゃんパパも目覚められ、いよいよ設営も解体することになりました。ただ、今までのキャンプ場とちがって、チェックアウトが夕方の5時。
楽勝ですなぁ〜、のんびりゆっくりやりましょ。

と思いきや、想定外の難題が・・・子供たち、随分と長い間一緒に居て、且つ疲労も出てきたのか、ちょっとしたことで小競り合いになっちゃう。
いつもの、「ごめんねぇー」「いいよぉ・・」の合いの手もスムーズでないようだ。
椅子の取り合い、貸してくれない争い、ぶつかった/ぶつかってないなどなど、、
ガキどもぉ〜って感じもあったけど、それだけ遠慮がないってコトで可愛いものです。

積み込みはパパたちに任せて、ママ&子供らは場内の公園遊びに行きました。
ウサギ小屋があったり、羊が居たり、小学生のお姉ちゃんたちにかまってもらったり、随分気分転換になって、子供たちも機嫌よくキャンプ場にバイバイ!!

その後、海に近いからネタが美味しそうだってことで、回転寿司「銚子丸」へ。
ぶりが甘かったねぇ〜〜。昨日から「本当に行くの・・?」と羨ましがってたH君パパ、本当に来てしまいました、ゴメン!!

今回は、2泊というハードスケジュールでしたが、H君ママやMちゃんママとたくさんおしゃべり出来たし、やっぱりキャンプは面白い。そしてお別れは寂しい・・
う〜ん、これが本当に今シーズン最後かな。ま、次はスキーでご一緒しましょー

小競り合いも小休止。なんとか落ち着いた椅子争い。


公園では仲良くごっこ遊びに集中してくれました。この間ママたちはおしゃべり三昧。


キャンプ場最後のアイスクリーム。なんだかんだ、仲良く並んで食べるんだよねー


最後は「銚子丸」美味かった〜〜(H君パパ、重ねて申し訳ないっっ)







Posted by : jsviva | 家族・育児 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キャンプ@千葉・袖ヶ浦 -その2-
秋のキャンプ、朝はやはり冷えますなぁ〜
既にウチのお父さんはダレよりも早く起床。網まで洗ってくれてて、合掌。

子供たちも早くから目覚めて、時間も体力も有り余ってたので、またもや牧草地に放牧。
大人も、ホットドッグとH君パパ製目玉焼きの朝ごはんを食べて、ゆっくりコーヒー飲んだりして談笑。
今朝は上手く炊けたご飯をオニギリにしたり、後片付けしたりお化粧したり、、、
キャンプ翌朝に、大慌てで設営したものを解体しないのって楽チンだワぁ〜

朝ごはんの後、「東京ドイツ村」へ遊びに行きました。
メインは「パターゴルフ」。子供も4歳以上は出来るということで、男子チームと女子チームでパーティを組みいざ出発。

これが思いのほか大当たり!! 大人も結構マジでプレイに集中し、子供たちも立派にコースデビューを果たしたのです。
パターとは言え18ホール。9ホール目で、「え〜まだあと半分かぁ〜」って思ってたんだけど、進むうちにコースを読んだり、調子が出てきたり、楽しかった〜
男子チームのH君は、うるさいオヤヂコーチ3人に、あーでもないこーでもないと言われながらも、的確に攻めてったみたい。
そうそう、Mちゃんパパ、史上最高スコア、おめでとうございます〜

プレイ後、ひろーい芝生の上でおにぎりランチ。それにしてもこの芝生、かなりいい感じだし、アップダウンはあるし、アレ?あちこちにある砂場、どう見てもバンカー??!!

早速、MちゃんパパがiPhoneを取り出し調べると、元々ゴルフ場にしようとしたけど、採算合わず止めて宅地化に変更、でもこれもダメでテーマパークにしたって。

ジェットコースターでLunaは顔を引き攣らせ、芝ソリではMちゃんパパが幾度となく「M子ちゃんっ、これが最後だからねっっ」と念を押す。ふふふ、パパ疲れちゃったのネ・・

昨日の失敗があるので、早めにお風呂に行くことにしました。サクッと洗ってサクッと湯に浸る。いつもの〜んびりのH君ママ、「Lunaちゃんママたちもう出ちゃった?!」と声高にH君に話しかけてる。慌てさせてごめんネ!!

努力の甲斐あって、今回は最初からファイヤー!!
パパたちもにんにくの皮むきご苦労様。でも主婦の指先は、そういう臭いしてんのよぉー(あれ?ワタシだけ?!)
食った食った、食った〜 これまでに無いほど食ったって言ってたのダレでしたっけ?
お肉以外に、魚介ときのこタップリの鍋もあり、贅沢なスープでした。でも雑炊までは辿り着けなった・・・

食後は、大人時間。
H君パパ持参のシャンパン&シャンパングラスも登場し、なんだかMちゃんパパ絶好調の中、酔いつぶれていくのでした・・・(っていうか、H君パパ、明日早朝から仕事ですよね?!)

朝一でも3人機嫌よく遊んでます


解体しなくていいって楽チンだワ!!


パパ「こうやるんだよ、わかった?(いつもの口調)」Hクン「うん、ワカッた!!」


ナーイスショット!! でも後ろには怖ーいグリーンママが・・・


ママ「大丈夫?」Mちゃん「だいじょーぶよ、みててちょーだい!!」(自立してる・・)


今日は最初からジュージュー、バーベキューはこうじゃなきゃっっ








Posted by : jsviva | 家族・育児 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キャンプ@千葉・袖ヶ浦 -その1-
これで今年は最後になるかなぁ〜と、千葉の袖ヶ浦でのキャンプ記録です。

今回は、「
森のまきばオートキャンプ場(HPは無かったのでMappleから)」です。結論から言って我が家企画のキャンプ場では、一番良かった。
いっちばん最初に、Tさん家族に連れて行ってもらった「
竜洋海洋オートキャンプ場」に匹敵する環境の良さでした。

なんといっても、元牧草地ということだけあって、広い、ひろい、ヒッロ〜〜イ!!

おっと、最初に記述そびれましたが、今回の犠牲者は、前回犠牲となったH君一家と、怖いもの見たさ(?)のMちゃん一家。いやいや、2泊3日のハードスケジュールにお付き合いいただいて、ほんっとーにありがとうございました!!

で、そのひっろーい元牧草地に子供たちは放牧されました。
近いので早く到着したとはいえ、車で縛られての移動のあと、弾けるように走り回ってます。
走れ走れ〜〜、そしてトットと寝てくれぇ〜〜

今回はテントを2体とターフの設営。でも大人が6人も居るとチョロイもんですネ。
そうそう、テントの割り振りは、各家族に珍獣が居るということで、パパ組とママ&子供組に分かれました。
そして早々に終わらせて、恒例の温泉へ。いやぁ、近いと早く着いてゆっくりお風呂にも浸かれていいねぇ〜、なんてのんびり。そして、地元のスーパー吉田屋でもじっくり買い物。そろそろバーベキューを始めるか、、、ん?! まだ夕方の6時過ぎなのに、既に真っ暗・・・

急いでテントサイトに戻り、ランタン点灯! 火起こし開始!! ご飯炊き出し!!!
慌てて火起こしした備長炭を網の下に設置。でも半燃えだったからか、お肉を置いても「シ〜〜ン」、なんだか保温状態みたい・・・
食べるモノが無くて、子供たちにはフライパンで炒めたフランクフルトを食べさせ、Mちゃんママはパリパリとキャベツをかじる。

ご飯を炊き始めて、沸騰後既に20分経過したので蓋を開けると、、、なんだかお粥・・何故??!!
ワタシと主人のコミュニケーションの悪さで、水の量を間違えたみたい。H君パパ&ママ、せっかくの新米をごめんなさい<m(__)m>

そうこうしているウチに、再度火起こしした備長炭が発狂してきました。
こうなると、焼けるのが早い早い!! 飢餓状態だった大人は、むさぼるように食った、食った。その中でも、味つき鶏ももの「山賊焼き」うっま〜い!! Mちゃんパパは、ハサミを片手にアヂッ、アヂッと大奮闘でした。

いやいや、秋のキャンプは、時間ではなく日の沈み具合で行動しないとネ。また勉強になったキャンプ初日でした・・

草原のコスモス畑でお花摘み♪♪


草原で走り回った後は、Mちゃん持参の小テントが子供たちの基地でした。狭いんですけど・・・・いいんだ。


トットと設置も終わり、チョコっと飲みながら談笑。いやいや、急がないとこの後大変だよぉ〜〜





Posted by : jsviva | 家族・育児 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Office365
思い立って、「Offie365」の無料版(30日間お試し)を使い始めました。

ウチの教室が使うのはいつのことやら、という感じですが、使い始めたんだけど、導入したんだけど使い切れない、というお問い合わせがあった場合に備えて・・・なんて冗談はさておき、ずっと気になっていました。

Office365は、6月28日にマイクロソフト社バルマーCEOによってローンチされ、それまで存在していた、Google社の「Google Apps」の最大ライバルとなりました。バルマー氏曰く、「Officeとクラウドの出会いだ」とし、更に「それは、コラボレーションの実現で、リアルタイムでのバーチャルミーティングも可能」と。

そもそも、Office365とはなんぞや。
メール機能や予定表管理ができる「Exchange Online」と、社内の情報共有サイトや公開WEBを作れたり、クラウド版Office(Office Web Online)を含んだ「SharePoint Online」を中心に、チャットやオンライン会議が出来る「Lync Online」とをコラボで提供するサービス。

要は、今まで多大な投資をして構築しないといけなかった社内ITシステムを、クラウドから受けられるようになったワケ。これは、人とお金のコストセービングと共に、すべての情報を共有化することで業務効率を最大限改善できる。

私が以前勤めていた世田谷の某会社(従業員3,000人規模)には、情報システム部が大部隊を組んでいたし、150人規模の2社においても、ITの専門家が少なくとも1人はいました。

ただ、十数名から50名ほどの規模で、それだけのIT投資が出来るか。
サーバーがダウンした、容量がオーバーした、バックアップシステムはどうする、個人情報の管理は如何に、人の出入り毎にメールやなんや設定しないと、新しいパッチを当てないと・・・

まぁ、マイクロソフト社への信頼度に依存することだけど、
これらの悩みを全て解決してくれる。最新のウィルス対策と、ISO27001やSAS 70などのセキュリティ規格を持っている上に、クラウドなのでいつも最新の状態である。

実際に無料版を使う限り、
管理者立場での設定や、1人3役の小規模組織でのやりとりは、とっても簡単。このサービスを片手に、中小規模の会社へ情報部門の担当者として乗り込めるゾっていうのはワタシの奢り?!

クラウドOfficeは案の定、インストール形式の機能全てを網羅しているワケではありませんが、共有情報として閲覧したり、簡単な編集をする分には問題なし。iPadでは閲覧だけかなー。でも、遠隔でのWEB会議なんかでプレゼン資料を共有するのは、紙の無駄もなく、書き込みも出来るしいいんじゃないかしら。また将来的には、よりローカルアプリに近づくだろうっていう話もあります。

予定表も全員で共有できるから、打ち合わせの日程調整も簡単。おまけに、公開WEBってホームページのことでしょ。社内共有サイトもサクッと作れるし、ドメインも会社所有のモノが追加出来るみたい。

何よりの売りは、どこでもどんなモバイルでも、WEB環境さえあれば情報を共有できるってコト。いやいや、営業の人などは、移動時間も会議が入ったりして困るかな?! (名前の由来も、"365日働け"って言われてる?!)

そして、最後に値段。最安プランだと、1ユーザーあたり600円/月。初期投資や、複雑なITシステムの管理・維持を考えると、
これって安いんじゃないでしょうか。

ツラツラとOffice365を誉めそやしましたが、リリース後9月9日の正午過ぎからサービス障害が発生したという事件もありました。復旧まで4時間ほどかかっていたようだし、その原因もまだ判ってない(?)みたい。システムは動いてナンボだから、更なる成熟を祈ります。

試用期間、あと3週間ちょっと。もう少し遊んでみたいと思います〜


Posted by : jsviva | パソコンネタ | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
生徒さんとの交流
バックデートしますが、、、

先月30日の金曜日、KさんとHさんの3人でお昼をご一緒させていただきました。場所は、またもや私の独断で、祖師谷大蔵駅前の「太陽島」。でも、お二人とも美味しいと言ってくださってよかった。

その後、ドトールコーヒーでお茶を飲み、Kさんが水元公園に行かれた話しや、Hさんお住まいの団地建て替えの話、パソコン以外のお話しをしてとっても楽しかった。

週を明けて3日、EさんとHさんが教室でご一緒でした。
年齢も違うし、第一印象はまったく違うお二人。
でも、持ってらっしゃるモノ、性質というか気質というか、それが同じだと感じていました。すると案の定、お二人はとっても話が合って、結局40分ほどおしゃべりに花が咲いてました。

Hさんの、お年から考えられないほどの元気な前向きなパワーにEさんは勇気づけられ、
Eさんの、緻密でしっかりした人生設計と自立心にHさんは感心され、
HさんとEさんの、人生の大先輩の経験談に私は感銘を受け、
これまた、パソコンとは関係ない部分で素敵な時間が過ごせました。

こんな風に、お一人お一人だけでなく、
教室のみなさんと一緒に過ごす時間があってもいいのかなぁと感じた経験でした。

勇気を出して、忘年会を企画してみよっかなー・・・
Posted by : jsviva | 教室 | 10:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
娘の誕生日
昨年も記事にしてしまいましたが、やはり書かずにはいられない。今日はLunaの5歳の誕生日。

3年間、誕生日が週末だったけど、今回は思いっきり平日月曜日。
なので、1日が誕生日のパパと一緒に、土曜日に合同誕生会。

Licaちゃんのハウスとお人形を2体買ってもらって、5歳の自覚がどうかは不明だけど、誕生日モードにスィッチが入ったみたい。

寝る前ベッドの中で、「Lunaが生まれたときのお話ししてあげようか」と、メモに残していた出産記録を語りました・・

----------- 以下ドミュメンタリーメモより抜粋 ------------
10月2日7時
10月14日が予定日なのに、おしるしあり。当時用賀勤務の主人、日本での辞令の日で遅刻するわけにはいかないから、車で送って欲しいと。運転できないからと断る。その時は「それどこじゃないんだよっっ」という気持ちだったけど、後から悪いことしたなぁと反省。

同日11時半
タクシーで清瀬の病院へ。まだ陣痛じゃないから帰宅せよと。それも世田谷じゃなくて東久留米へ帰れと言われる。実家に居場所はないので、またタクシーで世田谷に戻る。帰宅後もじっとしてた。

同日14時半
主人から「大丈夫?帰ろうか?」と電話あり。「必要ない」と冷たく答える。これも又後で深く反省。昼寝はしなかった。19時頃弟から電話あり。

同日夜
主人には先に休んでもらって、テレビを観ながらお腹の痛くなる時間を計る。10分〜15分おき、21時台と23時台に、30秒〜40秒。

10月3日深夜2時頃
5分おきにお腹が痛いと病院へ電話。来てくれと言われ、主人を起こすのも悪かったので、タクシーを呼ぶ。食パン2枚とゆで卵をタクシーで食べる。

2時半過ぎ
病院到着。NSTつけて、子宮口3cm。即入院。このあと呼吸方法について、助産婦さんから説明を受ける。講義みたい。

5時前後
主人、母、妹にメール。ヒッヒッフーで陣痛に耐える。まだ平気みたい。

6時
ひとみさん(数時間前に出産したお隣さん)にウォークマンを貸してくれた。気がまぎれて助かる。子宮口5cm。

8時
7月末に出産した妹から何度かメール。母に電話してくれたらしい。義弟もメールで激励。子宮口6cm。

9時
主人到着。母から「今から出る」とメール。主人に腰をさすってもらう。おそらく5分おきに痛いみたい。9時40分、子宮口8cm。

10時
母到着。テニスボールをお尻にあててくれた。楽な気がする。母と主人と3人で面会エリアでおしゃべり。気が紛れたが陣痛が遠のいてしまったようだ。

11時頃
主人がジョナサンへランチに。母とおしゃべり。でも子宮口は8cmから動かず。ここから部屋でずっと陣痛。来ては去り、来ては去り。

14時半過ぎ
まだ子宮口が動かず。アメをしゃぶったり、「来た来たー」と波と戦う、疲れてきた。

15時
促進剤を打つか問われる。すぐ打って欲しいと希望。
---------------------- 以上メモ終わり --------------------------

この後、分娩台で出産に入るワケですが、結構覚えているものです。
吸って吐いてを繰り返すんだけど、看護婦さんが「今吸って!」とか言うのに息を吐いちゃったり、だんだんどこで息をすれば良いのか判らなくなって、コンチクショーって思いっきり力をいれたら、「ご、ろ、ん!!」って感じでLunaが出てきました。

主人は立会いではなかったので、一通りの処置が済んでから分娩室へ。
即効「手も足も、指がちゃんと5本あるよ」と報告してくれた。
空気を読めない母は、「なんかおでこのあたりが真っ青で、、」と、仕切りに心配してる。
おいおい、産後のワタシが不安がるようなこと言わないで!

ともあれ、高齢出産なのに自然分娩できた。
実は、まだ可愛いとかいう実感はまったく無かったんだけど、Lunaには「お父さんもお母さんもうれしくてしょうがなかったんだよ」と。

お母さんも、Lunaも頑張ったんだよぉ〜〜と声をかけると、既に寝息を立てていました・・
Posted by : jsviva | 家族・育児 | 11:55 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
TOP